English  Japanese 

Wine(ワイン)

The estate was founded back in 1849 by Franz Peter Buhl (1809-1862) and came about as part of the distribution of the original Jordan estate into the three smaller estates Geheimer Rat Dr. von Bassermann-Jordan, Reichsrat von Buhl and Dr. Deinhard. Within few years, von Buhl was recognized for its uncompromising quality. Felix Mendelssohn Bartholdy wrote to a friend after a visit to Reichsrat von Buhl: ""But if you haven’t been to the Buhl estate, you don’t know what Forster Riesling is"". But it wasn't just on a national scale that von Buhl became famous. Von Buhl wines became some of the most expensive wines in the world. Even at the official opening of the Suez Canal in 1869, the guests raised for the toast a glass of Von Buhl Riesling.

From 1989 to 2013 the winery was leased to Japanese business man Toyohiro Tokuoka. In 2005 the winery was sold by the von Guttenberg family to a local business man Achim Niederberger (1957-2013) who knew back then, that he would have to wait eight years before his team could run the estate. Beginning with vintage 2013, the new team around managing director Richard Grosche and technical director Mathieu Kauffmann is responsible for the estate. Reichsrat von Buhl is a member of the German wine growers association for quality wine (VDP). 

The Wachenheimer Riesling dry is a rich wine with various fruit aromas as citrus, crisp apples and hints of peaches. The freh acidity of this wine enhances the fruitiness and makes every glass a unique joy. 

この土地は1849年にフランツペーターブール(1809-1862)によって設立され、元のヨルダンの土地を3つの小さな土地Geheimer Rat Dr. von Bassermann-Jordan、Reichsrat von Buhl、Dr。Deinhardに分配する一環として設立されました。 。数年以内に、フォンビュールは妥協のない品質で認められました。フェリックスメンデルスゾーンバルトルディは、ライヒスラットフォンビュールを訪れた後、友人に次のように書いています。しかし、フォン・ビュールが有名になったのは全国規模だけではありませんでした。フォンビュールワインは、世界で最も高価なワインのいくつかになりました。 1869年のスエズ運河の公式開通時でさえ、ゲストは乾杯のためにフォンビュールリースリングのグラスを上げました。

1989年から2013年にかけて、ワイナリーは日本のビジネスマンである徳岡豊弘にリースされました。 2005年、ワイナリーはフォン・グッテンベルク家から地元のビジネスマン、アキム・ニーダーバーガー(1957-2013)に売却されました。彼は、チームが不動産を経営できるようになるまで8年待たなければならないことを知っていました。 2013年のヴィンテージから、マネージングディレクターのRichardGroscheとテクニカルディレクターのMathieuKauffmannを中心とした新しいチームがこの不動産を担当しています。 Reichsrat von Buhlは、ドイツの高品質ワイン生産者協会(VDP)のメンバーです。

ワッヘンハイマーリースリングドライは、柑橘類、さわやかなリンゴ、桃のほのかな香りなど、さまざまなフルーツのアロマを持つ豊かなワインです。このワインのフレアの酸味はフルーティーさを高め、すべてのグラスをユニークな喜びにします。

 

※飲酒は20歳を過ぎてから。
※飲酒運転は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
※お酒は楽しく適量を。


Sorry, there are no products matching your search.